トップ / テラス問題はマンション管理会社

マンション管理会社に苦情を

テラスやバルコニーにおける生活上の問題は、テラスが実は共用部分に含まれていることからマンション管理会社の管轄となります。たまにタバコの煙が来てしまうという程度であれば、ある程度許容することも必要になってはきますが、あまりにも毎日のように続くようであれば、きっぱりと管理会社に苦情を相談したほうが良いでしょう。

タバコを吸わない側としては、少量のタバコの煙であってもニオイが気になるものですし、洗濯物への汚れも気になるものだと思います。しかしながら、被害がそれほど大きくないのにも関わらずタバコに関する苦情を管理会社に伝えても、管理会社としても対応できない場合が多くなっています。

日常的に生活に支障が出るレベルの被害を被っている場合には、迷わず管理会社に相談をしましょう。その際には、日常生活に影響が出ているということをきちんと伝えることも大切になります。

管理会社に相談した際に、問題解決のために最初に行われるのはビラによる注意喚起や、張り紙による注意喚起がほとんどとなっています。実際にこのようなことを行うだけでも問題が解決へ向かう場合も多いので、まずは管理会社に任せてしまった方が良いでしょう。

トラブルがなかなか解決しない場合、管理会社がセッティングを行って、タバコを吸う側と吸わない側での話し合いの場が持たれることもあります。こういった時には、必ず問題に対して客観的な意見をする第三者を入れて行うようにしましょう。当人同士のみでの話し合いですと過度に感情的になってしまうことがあり、問題解決が遠くなってしまうことがあります。第三者を入れて、感情的でない建設的な話し合いの場を持つことが大切です。

Copyright © マンション管理会社の管轄範囲. All rights reserved.